習い事に空手を検討している父兄様へ

 

 現在では、男女問わず競技人口も増加を辿り、


子供たちの習い事としても大人気!!



武道である空手を習う事によって得られるのは


『身体を鍛えること』だけではないんです!

 

①忍耐力

DSC_1359.JPG

 

最近では


『辛いから辞める』『出来ないから諦める』


そうして物事から逃げる子供たちの様子を


よく見受けます。

空手に限らず、習い事全般を通してですが、


何事も楽なことばかりではありません。


諦めずに継続することが重要です。

空手では、昇級審査や競技、試合等


困難に立ち向かう場面がいくつもあります。



それらをクリアするために、


日々稽古に励まなければなりません。


指導者の指導に耳を傾け、


コツコツ練習を重ね、努力することを課します。

1つの目標に向かい、達成するには


日々の努力が必要であること。


その努力の先に結果があるということ。


それらを通して【忍耐力】を養うことが出来ます。

 

②礼儀

空手で最も大切にしている事は


『挨拶』です。


道場へ出入りする時、競技、稽古中、


師範や有段者、先輩への挨拶はもちろんのこと、


送り迎えをしてくださる親御さん達への挨拶も


徹底しています。

また、道場での上下関係は


年齢ではなく、段位、級で決まります。


年齢が小さくても


自分より段位が上であれば、先輩です。


挨拶はもちろんの事、


敬う心を持つよう指導されます。



人として基本的な『挨拶』という


【礼儀】の中で


人間関係を自然と上手く築いていく事が


出来るようになります。

 

③体力

IMG_20160915_110509.jpg

空手は、道着を身につけ、裸足で行う武道です。


どんなに寒い冬でも、


もちろん裸足です。



どのスポーツも同じですが、


入念な準備体操、基礎練習を経て


本格的な稽古となります。


身体の柔軟性、筋力の強さを高める事で


自然と身体は丈夫になります。



子供たちは大きな声を出し、


思いきり身体を動かし、


元気いっぱい稽古に励みます。



そんな日々の稽古と鍛錬から


風邪や病気に抵抗できる【体力】が


自然とついていきます。

 

人として当たり前に身に付けておきたい基礎力。


幼少期からぜひ培っておきたいですよね。



空手を通してお話をしましたが


これらはどの習い事にも共通すること。



心も身体も鍛えられる【空手】


まずは道場の見学をする事から


始めてみてはいかがですか?

  • 健康
  • 習い事
  • スポーツ
  • 空手
  • 武道
  • 忍耐力
  • 礼儀